FC2ブログ

感動に貴賤なし

IMG_2501.jpg
※画像:Googleストリートビューより
知らぬが仏 そんな言葉があるじゃないですか

長野市内から国道406号をひたすら西進。 そして間もなくピークを迎えます。 サイクリングを楽しむには最適なコースです。 このルートはもう数え切れないほど走りました。 そしていつも大きな感動を得ることも無く、何度も何度も走りました。(実際にはそれなりに楽しみを持っていましたが^^)

このルートの本当の楽しみ方を知ったのは、サイクルスポーツ誌の峠越え記事を読んだ時でした。 しかし、その何年も前に、私はその記事とは逆走ルートでこの道を味わっていたのです。 

記事によれば、西進コース(長野市から白馬村に向かう)の方が、東進コース(白馬から長野)よりも何倍も感動が大きいと。 「なにぃ!?そんなことあるもんか!」・・・ 私は心の中でそう叫んでいました。 むむむ、悔しい! さほど厳しくもないダラダラ坂、距離こそ長いが・・・ 大したことない! そう言い聞かせるしかありませんでした^^

IMG_2506.jpg
※画像:Googleストリートビューより
知ってなお地獄 そんな言葉ってあるのでしょうか

白馬村起点の東進コース。 初めて走ったのは、まだまだ自転車初心者時代。 スタートからしばらくは、さほど厳しさもなく「ああ爽やか信州!」なんて感じで気楽な走り。 しかし徐々に勾配はキツさを増します。 途中の峰方スキー場辺りに差し掛かったところでは、もう歩こうかと思ったくらいです。

それでも何とかピークにたどり着き、それなりに感動・・・いや、大きな感動が味わえたじゃありませんか。 でも、例の「サイスポの記事」を読んでからは、やっぱり単なる地獄だったかな、なんて無粋な思い出に浸るだけでした^^; (それでも地獄は地獄で楽しいのが健全なサイクリストなんですけどね^^)

IMG_2500.jpg
※画像:Googleストリートビューより
我が道を振り返るがよし なかなかできない事なのです

このトンネルは、いわゆるサイスポお勧めの西進ルートから峠にたどり着いたところ。 う~む、なんとも無粋な眺め。まあ正式にはトンネルではなく洞門と呼ばれるタイプ。 東進ルートではピーク通過直後ですので、当然この姿を振り返ってまで確認することなんて無かったわけです。

なので初めて西進ルートでここへたどり着いた時の感想は、今でも「ダッセ!」と感じたのを覚えています。 まあどうでもイイ事ではありますが、建設業界に身を置いた者としてその造形に拘るのは、ある意味習性なのかもしれませんね^^

IMG_2503.jpg
※画像:Googleストリートビューより
立ち止まれ そして振り返る その時こそ救われるのです

かと言って、東進側から見たトンネルがどれだけ素敵なものだったのか!? 逆側より多少マシって感じでしょうかね。 ああ、ほんとどうでもいい拘りで済みません。 

ここへたどり着き、ホッとして振り返れば・・・ そこには北アルプス白馬連邦の雄大なパノラマが! そう、見えることは分かっていたんです、初体験の時でも。だって白馬側から登るんですから、その時点で山々の姿は見えるんですからね。 でも、その分を差っ引いてもやっぱり素晴らしい眺めなのです。

ダラダラと長い距離を登って、ダサいトンネルを抜けてパッと広がるパノラマも確かに感動が大きいでしょう。 でも分かり切っている(?)景色を、激坂にハアハアゼイゼイのあとに観る感動。  やっぱりどちらも素敵ですね。 じゃなかったら同じコースを何度も走るはずないですからね。

自転車バカってそう言う生き物なんでしょうね^^;


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ロードマンN

Author:ロードマンN
今はもう昔のように走れませんが、ロードレーサーにのめり込んだ日々を想い出しながら、当時走り回った道を紹介して行こうと思います。使用画像はGoogle mapからお借りしてます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2拍手ランキング
ご訪問者数
オンタイム閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR