FC2ブログ

やめときゃイイのに

IMG_1582-001.jpg

乗るのが楽しみ それとも作る楽しみ?

自転車乗りとしてオンロード大好きな私だったのですが、一時期だけオフロードにハマった事がありました。 もちろんもう40年近く前のお話です。 

これはシクロクロス車と呼ばれる競技用自転車の一種です。 別名クロスカントリー車(クロカンレーサー)とも呼ばれます。

欧州では古くからロード選手の冬場のトレーニングとして、このタイプのマシンを使いレースが行われています。 

シロートの私ですが、自転車マニアともなれば、どうしてもそれが欲しくなってしまうわけです。

今では希少ともいえるブロックパターンのチューブラータイヤが泣かせますね。 

こんな細こいタイヤにキャラメルくっ付けたところで、果たしてどれだけダートでのグリップパフォーマンスが得られるというのでしょう^^

ですがこんなのを、しかも雨降りになると余計に嬉々として乗り回していたのですから、その当時のハマり具合を物語っていますね。

IMG_1587-001.jpg

失敗作?! 残念ながらそう思える時が

一見すると単なるフレームサイズの小さいロードレーサーに見えます。
しかし、そこは自称自転車バカがオーダーしたフレームです。

随所にクロカン車らしいディテールが盛り込まれています。
スケルトン的には、異様に長めのホイールベース。 特に長いチェーンステーとFフォークの大きなオフセット。 まさにオフロード仕様。

この写真では分かりにくいですが、トップチューブは前上がり(ホリゾンタルではない)となる極端に小さいフレームサイズ。 

まあこれは私が短足チビと言うのもあります^^; でもクロカン車はやっぱり前上がりでないとね。(今ではフツーのロードでも前上がりが主流かな?)

主要パーツもコテコテのクロカン仕様。 まず仏製マファック・クリテリウムのカンチブレーキは当時のクロカン車の定番。
低めのギヤレシオ設定のため、チェーンホイールは仏TA社のツーリング用。

ペダルは両面踏めるタイプのダサダサのラットトラップ型。(イイんだなこれが^^)
FRメカは名器カンパニョロの中でも最も廉価(?)だった980シリーズで、これなrいつ壊れても平気^^

シフトレバーはお決まりのお約束のバーエンドコントローラー。(これはシマノ製)
しかし、当時言われていたほどクロカン向きとは言えず、超使い難いのが難点でした、これ。

そして先ほども書いたように、ブロックパターンのチューブラータイヤ。
個人的好みもあり、フロントはブロックなしの太目チューブラー。 

これはオンロードでのハイグリップ優先で、伊製クレメンのパリ・ルーベ。
まあその名からも分かるように、ラフな道でも信頼性は抜群ですが^^

今でもこうしてスペックを思い出すだけでワクワクしてしまいます。
でも・・・ 一つだけ残念な点が。

何でなんでしょ? このフレームの色。
これが出来上がって2~3か月後にその問題点に気付いたのです。

「気持ち悪りぃなこのピンク!」 「なんでこんな色にしちゃったんだ!?」
そして、半年も経たないうちに、我がクロカン車はシャンパンゴールドに生まれ変わったのでした^^



スポンサーサイト

構成比率

171226_173432-001.jpg

栄養バランス? そんなのどうだってイイのです

普段から、あまり外食はしない方だと思っています。 そして出来合いのコンビニ弁当のようなモノも、もう何年も食べていません。

しかし、月に1~2回くらいは外食します。 あ、外食と言うより、好きなんです、お酒が^^; で、いつも大体同じ物ばかり食べてしまいます、結果的に^^; 

ところで、コンビニやスーパーのお弁当をたべないのには理由があります。 揚げ物がどうもいかん。 つまりその手のお弁当には大なり小なり揚げ物が入っているでしょ。 それがいかんのです。

かと言って、揚げ物が嫌いなのではないのです。 だからたまに外へ出ると揚げ物恋し。 そして結局串カツばっかり食べてます。 まあ要は串カツが好きなんですよね、ただそれだけの理由かも^^;

ちなみに、写真には10本も写ってますが、一人でこんなには食べません。(二人分として注文しました)

171226_174828.jpg

真っ黒な液体 これぞ名古屋めしの真骨頂!

よその地方の方には見た目の雰囲気で不評(?)なこれ。 怒涛の赤味噌たっぷり。でも見た目の印象とは違い、味はそれほど濃くはありません。 

これがもし見た目通りの味の濃さだとしたら・・・ 血圧上がって死んじゃいますよねきっと^^

この真っ黒な液体の中で煮込むのがドテ煮(ドテヤキとも)と呼ばれる名古屋名物。 あ~旨いんだなこれが。 真っ黒な豚モツがイイんです。 

下の写真のドテの色はまだ茶色味がありますが、お店あるいはその日の仕込み量、客の回転と売れ行きなどの諸条件でもっともっと真っ黒けな場合があります。(黒いものほど柔らかくてうまいデス^^)

しっかり煮込んでありますので、脂気が抜けていて意外とさっぱりした味わいで、いくらでも食べられます、ブタなのにウマい! こいつのおかげで冬場の熱燗がウマ過ぎちゃう^^; (トーゼン麦酒も^^)

171226_174809-001.jpg

食べたいものを食べる もうこの歳になればそれでヨシ

私の体は、ほぼタンパク質と水分で出来ています。(当たり前か^^)

タンパク質の割合・・・ 串カツ60%(味噌味40%、ソースまたは塩味20%)、ドテが30%、その他不明なもの10%でしょうか。

水分の割合・・・ 麦酒及び発泡酒60%、日本酒20%、焼酎20%って感じ。

・・・これじゃ体にイイわきゃないよ わかっちゃいるけどヤメられね♪

もういいんです、好きなもの喰って飲んで。
満足できるなら、それでイイんです。

※自転車やってた頃は「食」のこともけっこう考えてたのにね。
あ、ビールは当時から腹一杯飲みまくってました^^;



思い込みでもイイんです

IMG_3733-001.jpg
※画像:Googleストリートビューより
数が多けりゃイイってもんだ(?)

人によるとは思いますが、「第二の故郷」ってのを持っていたり、またそう感じている場所があるという事は、多かれ少なかれありがちな事かと思います。 

しかし、私には第四の故郷まであるのです。そんな気がするというレベルではなく、マジでそう思っています。

当然のことながら、生まれ育った場所(名古屋)が第一なのですが、仕事で長く暮らした場所が第二という事ははっきり言えます。

高校を出てから通算で十八年間も暮らせば、もはや限りなく第一に近い第二の故郷と言っても良いかもしれません。 ちなみにそこは静岡県です。

さて、第三と第四は自転車をやっていたおかげでご縁が出来た場所です。その第三の故郷は長野県(鬼無里村)。

そこは自転車を始めた当初からあこがれの地。地元愛知の隣接県でありながら、出掛けるとなるとちょっと遠出の気分。

それよりなにより、若い頃から「自転車(サイクリング)の聖地」と勝手に決めています^^

そして第四の場所。そこは紀伊半島の中央部、奈良県十津川村(とつかわむら)です。温泉好きな方ならご存知の場所かも知れませんよね。

ある自転車仲間のおかげ(誘い)で知った場所なんですが、その仲間と年末年始休みを通算で15シーズン以上過ごした場所。従って、故郷と宣言しても文句は言われないと思っています。

しかし、第一・第二・第三・・・ そう言っているうちにだんだん薄まって来ちゃうかな。 まあ、あんまり自慢げに第四の故郷なんて言わない方がイイかも。 そもそも数が多けりゃイイってもんでも無さそうだし^^;

IMG_3734-001.jpg
※画像:Googleストリートビューより
秘境それとも辺境? でもその雰囲気にヤラれました

最初は、「(自転車で)走った後の温泉がイイよ」と誘われた十津川村ですが、そこには別の魅力があるように感じました。

名古屋の街中育ちから見ればその豊かな自然は魅力満載と思えて当然。 青春時代を静岡の片田舎で過ごした経験から見ても、ある意味別世界な印象。 

ちょっと大げさな言い方をしましょう。 そこはまさに「陸の孤島!」。(十津川の皆さんゴメンナサイ^^;)

幹線道から枝分かれした道はまさに秘境感にあふれています。いや、幹線とされている道だってまさに酷道と言える国道。悪い意味ではなく本当に凄い道ばかりです。

十津川郷士とか平家落人伝説とか、上べだけしか知らないエピソードですが、この辺境地をサイクリングしていると、その空気感が何かを語り掛けてくるような気がします。

この酷道に迷っても、きっとヤタガラスが導いてくれるに決まっている、なんて妄想も湧き上がって来たりします^^

IMG_3735-001.jpg
※画像:Googleストリートビューより
さらに別の魅力  きっとまだあるはずです

今では自転車どころか車さえ乗らない生活となり、もうこの地を訪れることは無いかも知れません。しかし、どうしてもこの時期になると懐かしく思い出してしまいます。

第四の故郷と思っている以上は少なくとももう一回で良いから十津川温泉に浸かり、獅子鍋つつきながら一杯やりたいもんです。 

あそうだ!ここへ行く手段として日本一長い距離を走る路線バスがありました。もちろん高速道を含まないルートでです。

酷道バスの旅、イイじゃないですか^^ いつか出掛けてみよう!



ご挨拶

IMG_0856-001.jpg

あけましておめでとうございます

還暦を過ぎてしまうと新年を迎えてもさほど大した抱負だとか新たな夢などと言うものは湧き上がって来なくなります。寂しい話のように聞こえますが大きな変化を求めずまずはその平安たることを喜ぶ。それが良いのではないかと思える域に入り気が楽になったのが正直なところでございます。

さてそんな消極的な人生に残されているのはやはりこれまでに経験した事のいつくもの思い出。今年もけしてボォーっと生きて行くのではなく思い出話に埋もれた生活をしたいものと考えるお正月でございます。(ダメか、これじゃ^^;)

今年もよろしくお願い致します。


プロフィール

ロードマンN

Author:ロードマンN
今はもう昔のように走れませんが、ロードレーサーにのめり込んだ日々を想い出しながら、当時走り回った道を紹介して行こうと思います。使用画像はGoogle mapからお借りしてます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2拍手ランキング
ご訪問者数
オンタイム閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR