FC2ブログ

構成比率

171226_173432-001.jpg

栄養バランス? そんなのどうだってイイのです

普段から、あまり外食はしない方だと思っています。 そして出来合いのコンビニ弁当のようなモノも、もう何年も食べていません。

しかし、月に1~2回くらいは外食します。 あ、外食と言うより、好きなんです、お酒が^^; で、いつも大体同じ物ばかり食べてしまいます、結果的に^^; 

ところで、コンビニやスーパーのお弁当をたべないのには理由があります。 揚げ物がどうもいかん。 つまりその手のお弁当には大なり小なり揚げ物が入っているでしょ。 それがいかんのです。

かと言って、揚げ物が嫌いなのではないのです。 だからたまに外へ出ると揚げ物恋し。 そして結局串カツばっかり食べてます。 まあ要は串カツが好きなんですよね、ただそれだけの理由かも^^;

ちなみに、写真には10本も写ってますが、一人でこんなには食べません。(二人分として注文しました)

171226_174828.jpg

真っ黒な液体 これぞ名古屋めしの真骨頂!

よその地方の方には見た目の雰囲気で不評(?)なこれ。 怒涛の赤味噌たっぷり。でも見た目の印象とは違い、味はそれほど濃くはありません。 

これがもし見た目通りの味の濃さだとしたら・・・ 血圧上がって死んじゃいますよねきっと^^

この真っ黒な液体の中で煮込むのがドテ煮(ドテヤキとも)と呼ばれる名古屋名物。 あ~旨いんだなこれが。 真っ黒な豚モツがイイんです。 

下の写真のドテの色はまだ茶色味がありますが、お店あるいはその日の仕込み量、客の回転と売れ行きなどの諸条件でもっともっと真っ黒けな場合があります。(黒いものほど柔らかくてうまいデス^^)

しっかり煮込んでありますので、脂気が抜けていて意外とさっぱりした味わいで、いくらでも食べられます、ブタなのにウマい! こいつのおかげで冬場の熱燗がウマ過ぎちゃう^^; (トーゼン麦酒も^^)

171226_174809-001.jpg

食べたいものを食べる もうこの歳になればそれでヨシ

私の体は、ほぼタンパク質と水分で出来ています。(当たり前か^^)

タンパク質の割合・・・ 串カツ60%(味噌味40%、ソースまたは塩味20%)、ドテが30%、その他不明なもの10%でしょうか。

水分の割合・・・ 麦酒及び発泡酒60%、日本酒20%、焼酎20%って感じ。

・・・これじゃ体にイイわきゃないよ わかっちゃいるけどヤメられね♪

もういいんです、好きなもの喰って飲んで。
満足できるなら、それでイイんです。

※自転車やってた頃は「食」のこともけっこう考えてたのにね。
あ、ビールは当時から腹一杯飲みまくってました^^;



スポンサーサイト

是正勧告

48412388_2206354669638334_7673795390335877120_n-001.jpg

昨日は仕事関連の方々と忘年会でした。
仕事関連とは言え、普段はほとんどお会いする事はありません。

なので、こうした集まりではお会いできる事だけでも楽しく感じます。
当然話も盛り上がりますよね。

さて、写真の料理のことなんですが・・・
何という名前か分かりますでしょうか。

「鶏ちゃん(焼き)」(けいちゃん)って言います。
鶏肉と野菜を味噌ベースの甘ダレで焼くというもの。

シンプル過ぎて特別感はありませんが、美味しいです。
実はこの料理、岐阜県の名物として近年になってメジャー化してます。

ここ数年前からメディアにもしばしば取り上げられていたりします。
もう一度言います。 「岐阜の名物」です。

なのに、なのにですよ! 
このお店、メニューとして大きな間違いを犯していたんです。

コース料理の中の一つとして出て来た「けいちゃん」・・・
それは、「名古屋めし3時間飲み放題付き」というコース。

「え!? けいちゃんって名古屋めしじゃないぞ!」
と、私一人が心の中で叫んでいたのです。

この料理を名古屋めしにしちゃいかんだろ!
純粋にそう思います。

岐阜県民には岐阜県民としての意地がある。
いや、岐阜に限らず、どの地方の方々でも同じことは言えると思います。

名古屋人の私ですが、岐阜県民になり代わって言いましょう。
「名古屋めしやないんやて、けいちゃんは!」

東海地方として、愛知岐阜三重を一括りにする習慣はあります。
しかし区別すべきはきちんとせねば。

他にも、名古屋では「天むす」を名古屋名物かのように言ってます。
でも、実はこれも三重県発祥なんですよね。

こんな調子だと、三重・四日市の「トンテキ」も危ない。
みんな名古屋めしにしかねない。

私は名古屋人と呼ばれる人種です。
そもそも「名古屋めし」なんて言い方がどうも好きになれん。

単に名古屋名物と言っておけばいいのにね。
いや、もうこれ以上名古屋名物なんて増えなくてもイイと思うし。

あれ? 何を言おうとしていたんでしたっけ?
とにかく美味しかったです、「けいちゃん」は^^;




自転車つながり

せっかくシニア割引受けられるよになったら途端に脚が重くなってしまい、もう映画見てないのどれくらいでしょう。 とそんな毎日にもやもやしている時、ついに来ましたよ、観てみたい映画が!

01010101-01.jpg
※映画の話はじめるとどうしても余計に語り、ムダに長くなってしまいます。 
興味のない方はパスして下さい。時間のムダかもしれませんので^^


と言うわけで行ってきました。『ボヘミアンラプソディー』なんですがね。世間に流れてる噂ですと、「最初から最後まで泣けた」とか「感動のあまり終わった後しばらく席が立てない」とか「みんなそっくりですげぇ!」とか、まあ大大評判なわけですよ。

となればですよ、普段よりも期待でっかく膨らまして観るわけですよ、こちらとしても。 しかし・・・あれ?最初から泣ける? 感受性の乏しさか、それとも普段から「ボォーっと生きてる」だけのわが身があまりにも無機質なのか、どうしても涙が出てこんのですよ。

あれ?こりゃいかん!もっと感情移入して画面に入り込まないと世間から置いて行かれてしまう! なんて焦りはしませんが、それでも期待を捨てずに観てました。 まあ、あまり真剣に考えこみながら見るのも宜しくありませんけどね^^

IMG_3295-001.jpg

元々クイーンの大ファンってことも無いのですが、昔、僕の青春時代はラジオ点ければ洋楽モノの3割くらいはクイーンの曲流れっ放し(ちょっと大げさ?)だったわけですよ。

だからもう今だって彼らの曲は脳ミソに染み込んでなくもないんですよね。 しかもテレビでこの映画のスポットCM流れ出したころからまた再燃してヘビロテ状態ですわ^^

実は彼らのレコードアルバム一枚だけですが持っているんです。 ラジオで聴いてりゃ済んでる程度なのに、その一枚を買ったちゃんとした理由があるんです。 まあその訳は、ひと言でいえば自転車つながりなんです。 

自転車バカを長くやっているとなぜか不思議と独自のアンテナが伸びているのです。 ファンでもないなにのに、ニューアルバムに『バイシクルレース』という曲が入っていることを知ったのです。

今考えても不思議なんですが、当時シングルカットもされていない曲をどこでどう知ったのか・・・ ラジオで聴いて知ったという印象も無いんです。 元々ジャンルを問わず音楽好きではあるんですが・・・不思議なもんですね。

しかし、そのレコード実はあんまり聴いていない。やっぱりラジオから流れる「ボヘミアン」やら「ウイウイルロック」とか「チャンピオン」とかで十分だったわけですわな^^ 

今回の映画観て、自分で買ったレコード久々に聴いてみたくもあるんですが、残念ながら今ではもう針の付いたプレーヤー持ってないし。ああ残念^^;

IMG_3294-001.jpg

それと、上の写真なんですが、そのアルバムにオマケで付いていたポスターです。 よく見て下さい、ロードレーサーに跨るヌードの女性モデルがオッパイ・・・いや、一杯^^; 

ちょっと自主規制を掛けその三分の一しか映していませんが、実際には手前に来るほどアップになってるわけで、かなりエッチな感じです。(今どきじゃなんともないか^^;)  

あ、別にこのオマケ目当てで買ったわけじゃあありません。 開封してビックリでございました^^

さて映画の話に戻りますが、ちょっと小言いわせてもらいます。 あのね「そんなに似てねえぞ!」と。特にフレディは。むしろホンモノよりカッコイイんじゃないかな、なんて思いましたよ。 

あ、それでもブライアン・メイはなかなかのもんですわ。ただ彼のあのヘアスタイルだとちょっとそれらしい人連れて来れば大方似ちゃうんでしょうが。 

まあ70年代のF1レーサーに金髪のロン毛とちょっと面長のワイセツ顔を合わせるとみんなジェームス・ハントになっちゃうでしょ、あれと同じでしょ^^ あ、あとの二人・・・あんまりよう知りません^^;

まあ何だかんだ好きなこと言ってますが、僕の性分として、どうしてもなんかケチを付けたくなるんです、イヤですね。

しかしねそんな僕でもこの映画の終盤の20分間は・・・ メラメラメラ、ドドドドド! なんかこみ上げて来るものがあるんですよ、不覚にも^^  ちょっとゼイタクしてプラス600円のIMAX版で観たからでしょうかね。

とにかく久々に観た映画はなんかすごく得した気分になれましたよ。 リピート鑑賞したいな、ラスト20分だけは。 それと月曜日の昼間だというのに3~40人も観客がいたのにちょっと驚きました。

今どきのシネコンなんて貸し切り状態も珍しくなく、ちょっと寂しい思いするときだってありますもんね、めでたしめでたし。



あ、それともう一言いわせてもらお。 こういう映画が作れるならカーペンターズのカレンのお話もぜひお願いしたいです。フレディに負けず劣らずのドラマがあると思いますよ。個人的に大ファンですし^^

レディ・ガガのドラマなんてまだ10年早い!(ファンの皆様スミマセン^^;) とにかくその前にカレンの映画作ってちょうだい、僕の生きているうちに!

※長々とした拙文にお付き合いいただき誠にありがとうございました


歳を取る それは懐かしむということ

012345.jpg

まだまだひよっ子  あらためてそんな思いです^^;

昨日は自転車現役時代にお世話になっていた自転車仲間さんの同窓会に行ってきました。

7人の参加でしたが、私個人としては完全に自転車から遠ざかっていましたので、どなたも24~25年ぶりにお会いお会いする方ばかり。もうとても懐かしく涙が出そうでした^^;

年齢層も様ざまで、下は50歳代前半、上は70歳過ぎと幅広いですが、そこは同じ趣味で通じ合うもの同士。思い出話に暇はありません。やっぱりこういう趣味やってて良かったなと、改めて思いが深まりました。

お一人のベテランサイクリスト(テレビ朝日の『人生の楽園』にも出演されたすごい方)がちょっと興味深い物を持参いただきました。 『旅とサイクリスト』と言う古いサイクリング専門誌です。

実は私、結構長く自転車やって来たし、色々な雑誌を読み漁って来たつもりです。しかしこの『旅サイ』はその存在を知りませんでした。 

よく見ると1967年9月号だという事が解ります。 そのころ私はまだ小学生。当然自転車にも(専門的な)興味はありませんでしたからね。
初めて開くその中身は、広告記事を見ているだけでもうワクワク気分。懐かしさいっぱいです。

そして、ご本人はこの雑誌を手放すという事で、その行き先は東京の大手新聞社だという事です。歴史的価値と言えば大げさですが、自転車文化の一部として、今後はその新聞社で保管されるという事です。

まあそんなこんなで、とても楽しいひと時を過ごさせて頂きました。 これを機にまた自転車仲間をのつながりの復活をみんな喜んでいました。
次は忘年会かな? ^^;
プロフィール

ロードマンN

Author:ロードマンN
今はもう昔のように走れませんが、ロードレーサーにのめり込んだ日々を想い出しながら、当時走り回った道を紹介して行こうと思います。使用画像はGoogle mapからお借りしてます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2拍手ランキング
ご訪問者数
オンタイム閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR