FC2ブログ

ハイテク履いてくと

IMG_3256-001.jpg
※画像:Googleストリートビューより
きょうも快調 ロード練習は楽し^^

昔、仕事の関係で長く暮らした静岡県西部。 名古屋生まれの私には魅力的な道ばかり。 もちろん自転車で走るうえでです。 

中でも、船明湖(ふなぎらこ)沿いの道は好きな道のひとつでした。 ほとんどフラットな道路はスピード練習にももってこい。 
さらに上流を目指せば本格的な坂道も楽しめます。

休日ともなれば、この道を北上し、佐久間ダムまで走ったことも良い思い出です。

IMG_2648-001.jpg

カツカツコツコツ… 歩いちゃいけない自転車シューズ

これ、ご存知でしょうか。 古いペダルです。 世に初めて出たビンディングペダルは、おなじみのLOOK(ルック)社製。それからしばらくして、そのLOOKを駆逐せんとばかりに登場したのがこのTIME(タイム)社のチタンマグネシウムと言うモデルでした。 当時としてはハイテク(?)な機構が盛り込まれたモデル。 興味津々で早速ゲットしたのです。

ビンディング硬さが少々気になりましたが、それも慣れの問題。 すぐにこのペダルの魅力に引き込まれました。 自転車乗りならだれでも気になるその重量。 ハイテク素材のチタンとマグネシウムの組み合わせは、LOOKよりも軽く、心も軽くなります^^

ところがです、その軽さに喜んでいたのも束の間。 大きな問題に気付きました。
競技用自転車のビンディングペダルには専用のクリートと言う部品が必須となります。 つまりシューズとペダルを固定するための重要な部品です。

このTIME、ペダル自体は軽量なのですが、靴底に装着するクリートが超重量級! 素材は原始的(?)な鉄製。 重たいはずですわ^^;  ちえっ、なんじゃこれ、トータルじゃLOOKより重いんじゃねえの!? まあそんな不満を抱きつつも結構長く愛用してましたが^^

実はもっと悪いことがありました。 やはりその鉄製クリートの問題です。
ロード練習の帰り道、疲れた体を癒すため、カフェレストランに入ったりします。 そこでです、そもそも自転車用のシューズ(競技用)は歩くために作られていませんよね。 だから歩けることを保証していない訳です。

そのシューズに例の鉄ゲタみたいなやつを着けている。 それでカフェの店内に入る。 カツカツコツコツ・・・まず、その足音だけで他のお客さんの視線が集まります。 カッコは派手派手のジャージにピタピタパンツ。 今ほどロード乗りが市民権を得ていない時代です。ちょっと恥ずかし^^;

でも本当に恥ずかしい事は次の瞬間に起きたのです。 「チャッ! うわっ! ドスン!」 その鉄ゲタが固い床で滑り、見事に尻モチついたのです。 当然、注目の的。 そして一瞬赤面^^;  まあ当時の自転車乗りは、普段から周囲に奇異な目で見られるのは慣れてはいます。 でも、さすがにこの尻モチはちょっと恥ずかしいですね^^;

ひょっすると、ロード乗りの皆さんの中にも同じ経験したことある人がいらっしゃるかも知れませんね。 ちなみに私の自転車仲間も経験しています。 もちろん笑ってやりました。 因果応報^^;

IMG_3255-001.jpg
※画像:Googleストリートビューより
あら寂し 思い出残り 景色消え 

天竜市(現浜松市天竜区)にあったそのカフェレストランは『けやき』と言うところでした。 浜松を中心に、周辺の市町に何店舗かを構える、当地では割と有名なおチェーン店だったのですが・・・

どうやら今は無くなってしまったようです。 その場所はスーパーになったようですね。 もう30年も前のことですから、こうなるのも不思議じゃありません。

なんか寂しいなぁ。 年取るはずだなぁ。


スポンサーサイト

身のほど知らず

IMG_1586.jpg

美しければイイってもんだ! ほんとにそれでイイの?

我が自転車人生の中でトラックレーサー(ピスト車)はオーダーフレーム2台乗りました。上の写真はその2台目です。信頼のブランド(?)ブリヂストン・グランヴェロです。

古くからのマニアで、フレームスケルトンにお詳しい方ならすぐにわかると思いますが、シートアングル、キャスターアングルともに思いっきり立った角度。つまり完全にスプリント用(短距離)のフレームだと言うことが解ります。

元々ロード専門なのに、なんでピストなの? いやいや、それは自転車やってるとどうしても一度は乗って乗って見たくなるんです。 

お世話になっていたショップのオヤジさんも「ピストは回転練習にエエんだぞ!」とか言うものですから^^

まあ用途はともかく、自転車としての最高の機能美を端的に表していますよね。 美しい物をコレクションしたくなる。当然の結果ですよね。(それじゃダメじゃん^^)

IMG_1686.jpg
※画像:Googleストリートビューより
本職には勝てません 勝とうとも思いません
でもちょっと思ったりします

静岡県西部で競輪プロを最も多く見かける場所。 旧浜岡町から御前崎(現御前崎市?)あたりの国道150号線。見るからにスピード練習できそうな道です。

私も何度かここを走ったことがあります。 ただ、ピストで走ったのは多分2回くらい。 というのも、やっぱり恥ずかしいんですよ。 

自分なりに一所懸命走るんですが、後方からなにやら気配を感じる。 すると3人くらいでグループ練習してるプロが、横をシャーッと抜いて行くんですよ、「おスッ!」とか言いながら。 

挨拶を返しながらも、心の中で「ウッ!」と思い、ちょっとは頑張って着いて行くんですが、最終的には本気でモガキされて当然ついて行けませんわな^^ 

同じピストでそんな思いするんだったら、シロート丸出しの走りでロードに乗っていた方が体裁がいい訳です、抜かれても^^


IMG_1687.jpg
※画像:Googleストリートビューより
サイクリストは美しい風景を楽しみながら走る 
そう言い聞かせるしかありません


海の見える道を潮風受けながら楽しむ。 これでイイんです。 でもね、実を言いますとあんまり海辺の道は好きじゃないんです。

退屈なんです。平坦過ぎるんです。 おまけに向かい風なんか吹かれた日にゃ・・・ ああつまらん。 やっぱり同じ苦しむなら山の方がエエわ^^



首まで漬かるとか 深みにハマるとか

IMG_1449.jpg
※画像:Googleストリートビューより
目を瞑っていても走れます(?) それはウソ(^^)

ここは静岡県西部の片田舎の道。 私の自転車キャリアの中で最も多く走った道です。何せ自転車熱狂時代のおよそ18年間を過ごした場所でもあります。

名古屋市内の高校を卒業し、就職してすぐの赴任地が静岡県森町というところでした。この後しばらくして自転車と言う趣味に出会い、幸か不幸か、走る場所には大いに恵まれたわけです。

当然のことながら、生まれ育った名古屋の道よりも、静岡西部の道は地理的なものを含めたくさん吸収出来たのは言うまでもありません。

IMG_1450.jpg
※画像:Googleストリートビューより
もう飽きても良さげなもの でも克服法もあるんです

当時(サラリーマン時代)の仕事は、忙しい時とヒマな時の波が大きく、おかげで少し余裕のある時期には定時過ぎにはすぐに自転車で飛び出していました。

山間部に近い田舎であることが幸いし、走る場所には事欠きません。 職場の仲間からは「よくもまあ飽きずに走れるもんだ」と半ばバカにされましたね。自分でも正直そう思います^^;

同じ道を毎日走っていると、ある意味自然な行動だとは思いますが、その走りに変化をつけて見たくなるものです。

あるポイントの間の時間を計ってみたり、攻める区間と休む(スローダウン)区間を変えて見たりとか。 だからほんとに飽きることはありませんでした。

IMG_1451.jpg

自転車への愛着は その走行距離に比例します

このロードレーサーは我が自転車人生で二台目となるものです。(これのひとつ前にピストも作りましたが、これはまたの機会に)

詳しい記録はありませんが、最も長い距離を走った愛車でした。

という事で、静岡の道を何千キロも走ったことになります。ですので、とても思い入れの大きな一台でもあります。

IMG_1452.jpg

高級パーツならスピードアップ? それはないない(^^)

この写真は、このフレームを卸してからしばら経ってからの写真です。 チェーンホイール、前後メカ等には往年の名器カンパニョロスーパーレコルドが装備されています。 

凄く愛着があるはずなのに、人とは勝手なもので、愛車にもやっぱりちょっと飽きが来たりします。 まあ簡単に「飽き」の一言では片付けてもいけないのでしょうが^^

そんなときの楽しみが、パーツの交換です。 今風に言うなら、さしずめアップデートとでも申しましょうか。まあいくら高級パーツに変えようと、残念なことにスピードアップにはつながりません。 自転車のエンジンは乗り手の脚ですもんね^^

プロフィール

ロードマンN

Author:ロードマンN
今はもう昔のように走れませんが、ロードレーサーにのめり込んだ日々を想い出しながら、当時走り回った道を紹介して行こうと思います。使用画像はGoogle mapからお借りしてます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2拍手ランキング
ご訪問者数
オンタイム閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR